男性かつらの種類

「男性かつら」は使用目的に応じて様々な製品があります。
男性はお仕事をする上で、男性かつらが障害になってはいけません。仕事中も遊びのアウトドアライフも快適に使用出来ることが望まれています。かつらと直ぐに分るものは絶対に使用は出来ません。自分の髪がないところを、必要なだけ増毛するということが大切です。そのうえでより格好良く見えるようにするのが、技術者の取付能力でありセンスです。

スーツを着てネクタイをすると、
頭髪がないと正直様になりません。

帽子を被っている中年の方が多く見かけます。
でも格好良い帽子ではありません。
おしゃれ用ではなくハゲているから被っているのだと言います。
服装はジャンパーに運動靴です。
これでは女性は、一緒に歩く気にもならず、出かけることも嫌がられます。

最近の子供達はおしゃれに敏感です。

格好良いお父さんや彼氏でなければ、女性同士の間でもださい男と言われてしまいます。
覇気のない、凄く格好の悪い存在になってしまうようです。
男性かつらの活用は絶対にするべきで、男は意外と女性の本当のこころを知らないでいます。

“たかが髪の毛”ではないのです。

若い男性なら「男性かつらを付けながら育毛手当」をしてください。
ワールドサイエンスで毛髪検査を受けて育毛アドバイスを受けましょう。
頭髪に無関心を装うよりも、積極的に薄毛や脱毛部を男性かつらでカバーして自分の魅力を出しましょう。
絶対に「かつらと分らない男性かつら」をお創りします。

よくある質問

「スポーツタイプの男性かつら」とは?

激しく動きますから、絶対に取れない事が大切です。
そして、汗をかいてもタオルやハンカチで頭を拭くことも出来ます。
かつらベースが透明ネットの人工皮膚になっています。
2~3㎝くらいの短さにも天頂部をカット出来ます。

ビジネス用の男性かつら

色々なお仕事がありますが、職種に応じて最適に男性かつらをお創りします。

遊び用男性ファッションかつら

普段は短くしていてもダンスとかパーティなどの時に「長髪のおしゃれ用の男性かつら」をお創りします。

つむじカバー用男性かつら

つむじだけが薄いとか髪が無い場合は、その「部分だけを増毛する形で男性かつら」をお創りします。

額が広く前頭部用男性かつら

額が禿げ上がってしまう男性が40歳を過ぎると多くなりますが、「前頭部だけを増毛するように男性かつら」をお創りします。

薄毛隠し用男性かつら

部分用をお創ります。自毛を最大限生かすようにします。

ほんの少し増毛をするというワンポイント仕上げの男性かつら今生えている髪を少し増やす感覚です。

部分用男性かつらは主に天頂部の薄毛をカバーします。

全頭的に被ります。
締め付けたり、貼り付けたりたりしません。
通気性が良く、軽くできています。